PR

定額で映画やアニメ作品が見放題で楽しめる、サブスク制動画配信サービスが人気の昨今。

自宅のテレビやスマホで手軽に映画が楽しめるとあって「しばらく映画館に行っていない・行ったことがない」という人も少なくないのではないでしょうか。

中には、「久々の映画館でチケットの買い方がわからない……」といった経験をしたことがある人も多いハズ

そこで今回は、映画チケットの買い方について初めての人でも分かりやすく解説します。

  • 映画チケットをお得に購入する方法は?
  • 当日のチケットを購入する際に注意することはある?

といったよくある疑問にも答えていきますので、ぜひ本記事の内容を参考にして映画館で大迫力の映像を堪能してみてはいかがでしょうか!

U-NEXTの付与ポイントは映画チケットに交換可能!

  • U-NEXTなら毎月1,200円相当のポイント付与!
  • 溜まったポイントは大手シネコンの映画チケットに交換できる!
  • 関連作品もVODで楽しめる!

大迫力のスクリーンで映画を楽しもう!

自宅のテレビやスマホで気軽に楽しむ映画も良いものですが、やはり映画館の巨大なスクリーン・音響システムで楽しむ映画は格別です。

体感型の4Dシステムや最新の立体音響技術など、上映技術の進歩によってこれまで実現できなかったエンタメ体験ができるのも、映画館ならではの大きな魅力。

なにより「映画館で映画を見る」というシチュエーションならではのワクワク感は、他には代えがたい特別なイベントと言って差し支えありません。

映画館の予約システムも大幅に改善されており、大手シネコンならチケットの支払いから席の確保まで全てオンライン上で完結できます。

より魅力的で便利になった映画館に、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか!

映画チケットはどこで購入できる?

かつては映画館の窓口で直接購入することが主流だった映画チケットですが、現在は購入手段の選択肢が増え、より便利に映画を見れるようになっています。

ここからは映画チケットの主な購入方法を紹介していくので、ぜひ自分に合った購入方法で映画を楽しんでみてください。

映画館でチケットを購入する

最もオーソドックスな映画チケットの購入方法は、映画館で直接チケットを購入する方法です。

窓口または自動券売機でチケットが販売されているので、自分が利用しやすい方でチケットを購入しましょう。

窓口で直接購入

「機械を操作してチケットを購入するのは煩わしい」という人には、シンプルでわかりやすい窓口での購入がおすすめです。

スタッフの質問に答えていくだけでOKなので、初めての人でも問題なくチケットを購入できます。

当日券だけでなく別日のチケットを予約購入できる映画館もあるので、不明な点はスタッフに尋ねてみましょう。

事前準備をせずに映画チケットを購入できるのが窓口購入の良さですが、混雑時に時間がかかったり、予約によって希望の席が埋まっていることもある点には注意が必要。

「せっかく映画館に行ったのに満席だった……」といった事態を防ぐには、ネット予約など他の購入方法も検討してみてください。

自動券売機で購入

シネコンなどの規模の大きい映画館には、ロビーに自分で操作してチケットを発券する自動券売機が設置されていることも珍しくありません。

当日チケットの購入だけでなく、ネットで事前に予約購入したチケットの発券もできるため、使い方を覚えておくと便利です。

基本的に画面の案内に従って操作すればOKですが、心配な人は利用する映画館のサイトで使い方を参照しておきましょう。

ネット経由(オンライン)でチケットを購入する

大手シネコンで映画を鑑賞する場合、公式サイト上でチケットを事前購入することも可能です

オンラインでチケットの決済まで完結するため、上映当日に映画館の自動券売機でチケットを発券するだけでスムーズに映画を楽しめます。

事前に席の指定ができるので「満席で見れなかった……」という心配がないのが嬉しいポイント。

予約購入できる範囲はシネコンによって異なりますが、概ね上映2~3日前までのチケットを予約することができます。

会員特典として一般会員よりも早く予約購入ができるサービスを提供しているシネコンもあるため、映画館を利用する機会の多い人はシネコン各社の公式サイトで会員特典がないかチェックしてみましょう。

コンビニでチケットを購入する

全国の大手コンビニ各社では、デジタル映画鑑賞券の「ムビチケ前売り券(コンビニ)」が購入できます。

取り扱いのあるコンビニは、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップの4社。

店内の端末を操作してムビチケの申込券を発行し、レジで支払いをすることでムビチケ前売り券が受け取れます。

なお、ムビチケ前売り券は劇場や公式サイトなどでも購入できますが、それぞれチケットのデザインや特典が異なる場合があります。

気になる人は購入前に作品の公式サイトをチェックして、ムビチケ前売り券の情報を確認しておきましょう。

金券ショップでチケットを購入する

不要になったチケットを買い取って販売している金券ショップでは、「シネコンごとの映画鑑賞券」や「ムビチケ前売り券」、「株主のご招待券」などが販売されていることがあります。

確実に手に入る保証はありませんが、通常の料金よりも格安で購入できるのは大きな魅力です

実店舗だけでなくネットショップを展開している金券ショップもあるので、お得なチケットがないかこまめにチェックしてみても良いかもしれませんね。

映画チケット購入時の基本的な流れを紹介

ここからは、映画チケットをネットで購入する際の基本的な流れを紹介します。

今回は一例として、国内最大手のシネコンチェーンである「TOHOシネマズ」のオンラインチケット購入の方法を説明していますが、他のシネコンでの購入手順もほとんど変わらないので参考にしてみてください。

鑑賞する劇場を選択する

まずはシネコンや映画館の公式サイトにアクセスして希望の劇場を選択します。

地域を選択すると該当する劇場が一覧で表示されるので、自分の利用しやすい劇場を選びましょう。

作品名から上映中の劇場を検索することもできるので、上映館が少ない作品を見たい場合には先に作品を指定する手順で進めてもOKです。

作品と日時を選択する

劇場を決定したら、見たい作品(スクリーン)と希望の日時を選択します。

その劇場で上映中の作品と上映回が一覧で表示されるので、希望の回を選択すればOKです。

洋画の字幕・吹き替えや4D・IMAXといった特集上映もここで選択することになるので、間違えないように注意しましょう。

おおよその席の混み具合も「◎」や「△」で一目でわかるようになっているので、参考にすると良いですよ。

なお、TOHOシネマズでは上映2日前の0時からチケットが販売開始になります。

他のシネコンも、当日を含めて2日~3日間ほどのチケット販売になっていることを覚えておいてください。

座席を選択する

作品(スクリーン)と日時を選択したら、希望の座席を選択します。

選択したスクリーンの座席表が表示されるので、空き座席の中から希望の座席を選択してください。

希望の座席が埋まってしまっている場合は、ひとつ前の手順に戻り、日時から選択しなおしてもOKです。

スクリーンのサイズや映画のジャンルなどにもよりますが、基本的に中央寄り・やや後方といった人気の席は早めに埋まってしまう傾向があります。

オンライン購入は日付の変更(0時)でチケット販売が開始されるので、いち早く席の確保ができるのがメリットのひとつ。

確実に席を確保したい場合は、0時直後でのチケット購入も検討してみてください。

チケットの種類を選択する

希望の席を指定したら、チケットの種類を選択します。

ムビチケ前売り券やシネコンの鑑賞券を持っている人は、ここで該当するボタン(リンク)を選択しましょう。

チケットの種類は、一般/大学・専門/高校生/中学・小学/幼児/シニアといった形で年齢で分かれるケースが一般的です。

学生やシニアなど年齢割引を受けられるチケットを購入した場合は劇場で年齢確認を求められることもあるので、年齢を証明できる身分証・学生証を携帯することを忘れないようにしてください

チケットの支払いをする

チケットを選択したら、最後にチケットの支払いを行います。

シネコン会員の人はアカウントにログインすればOKですが、非会員の人は個人情報(名前・電話番号・メールアドレスなど)の入力が必要なことにも留意しましょう。

支払い方法はクレジットカードやキャリア決済がメインになりますが、最近では各種QRコード決済を導入しているシネコンもあるので、利用しやすい決済方法を選択してください。

支払いが完了したら、チケットの購入番号が通知されます。

あとは、当日に映画館の自動券売機で購入番号と電話番号を入力してチケットを発券すればOKです。

チケットの発券に時間がかかることも考慮して、上映時間より少し早めに映画館に着くように気をつけましょう。

【購入方法別】映画チケット購入の手順を紹介

ここからは、購入方法別に映画チケットの購入手順を紹介します。

映画館でチケットを購入するケース

映画館の場合は、窓口または自動券売機でチケットを購入することになります。

窓口の場合は列に並び、自分の番が来たら窓口スタッフの質問に答えていくだけでOKです。

自動券売機の場合は、劇場のロビーに置いてある券売機の画面を自分でタッチ操作してチケットを購入します

「TOHOシネマズ」自動券売機の例

  1. 上映回を選択する
  2. 座席を選択する
  3. チケットの種類を選択する
  4. 料金の支払い

基本的には画面の案内に従って操作していけばOKですが、わからないことがあれば近くにいるスタッフにお手伝いをお願いしましょう。

ネット経由でチケットを購入するケース

ネット経由(オンライン)でチケットを購入するケースでは、ネット上で先に料金の支払いまでを済ませておき、当日に劇場でチケットを発券するのが主な流れになります。

精算は済んでいるため、当日にチケット代金を支払う必要はありません。

ネット購入時の主な流れ

  1. 利用する映画館の公式サイトにアクセスする
  2. 劇場や上映回、席などを指定してチケットを購入する
  3. 発行されたチケット番号を控えておく
  4. 当日劇場の自動券売機でチケット番号等を入力してチケットを発券する

チケットの発券は窓口でも対応してくれますが、慣れてしまえば簡単な自動券売機の方がおすすめです。

発券時にはチケット番号や登録した個人情報(電話番号など)が必要になるので、忘れずに控えておくようにしましょう。

コンビニでムビチケ前売り券を購入するケース

コンビニでムビチケ前売り券を購入する際は、店内の端末で申し込み券を発行してレジで精算する流れになります

各コンビニの対応端末はこちら。

  • セブンイレブン:マルチコピー機
  • ローソン:Loppi
  • ファミリーマート:マルチコピー機
  • ミニストップ:MINISTOP Loppi

レジで支払いを済ませると購入番号と暗証番号が記載されたムビチケ前売り券を受け取れるので、作品を上映している映画館の公式サイトでチケットの予約を行いましょう。

コンビニ購入時の主な流れ

  1. コンビニ各店の端末を操作して申し込み券をプリントアウトする
  2. 申し込み券をレジで提示して料金を支払い、ムビチケ前売り券(コンビニ)を受け取る
  3. 利用する映画館の公式サイトにアクセスする
  4. ムビチケ前売り券に記載されている購入番号・暗証番号を入力してチケットを予約する
  5. 発行されたチケット番号を控えておく
  6. 当日劇場の自動券売機でチケット番号等を入力してチケットを発券する

※ 劇場の自動券売機・窓口でチケットに引き換えることも可能

なお、ムビチケでチケットを予約する際に必要なムビチケ購入番号・暗証番号と、当日劇場でチケットを発券する際に必要なチケット番号は別物です。

自動券売機でチケットを発券する際に間違えやすいポイントなので注意するようにしましょう。

映画チケット当日の買い方の注意点

当日の映画チケットを購入する際には、購入の締め切り時間に注意しましょう。

チケット購入の締め切り時間は映画館(シネコン)によって異なりますが、劇場で直接購入する場合はおおよそ20分前~上映開始時刻までです。

本編上映前に10分ほどのCMが流れるため、購入後すぐに着席すればギリギリでも間に合います。

一方で、ネット(オンライン)で購入する場合は締め切り時間も少し早く、上映開始の20~30分前までで締め切られることが大半です。

上映中の離席は他のお客さんの迷惑にもなるため、ドリンクの購入やトイレに行く時間も考慮してある程度時間に余裕を持ってチケットを購入しておくことをおすすめします。

映画チケットをお得に購入する方法は?

ここからは映画チケットをお得に購入できるおすすめの方法を紹介します。

通常料金よりも安い割引料金で映画チケットを購入できるので、条件さえ合えば積極的に活用してみましょう。

映画館の割引サービスを活用する

ほとんどの映画館では、曜日や時間帯、年齢などによって料金の割引が受けられる割引サービスを提供しています。

映画を鑑賞する映画館を決めたあとは、その映画館の公式サイトにアクセスして割引サービスがないか確認してみましょう

なお、「シニア割」のような年齢で割引されるサービスを利用する場合は、映画館のスタッフに年齢確認をお願いされることがあります。

年齢で割引されるサービスを利用したい場合は、免許証やマイナンバーカードなど、自分の年齢を証明できる身分証を携帯しておくようにしてください。

提携サービスの入会キャンペーン・特典を利用する

映画館と提携している特定のサービスでは、映画チケットの割引クーポンやお得なキャンペーンを提供していることもあります。

有料会員限定の特典というケースもありますが、映画館をよく利用する人なら「映画の割引のためにサービスを利用する」というのもひとつの手です。

サービスの利用料金と映画チケットの割引金額を比較して、お得なようならサービスの登録を検討してみましょう。

本記事では映画チケットをお得に購入できるおすすめのサブスクサービスを2つ紹介しているので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

映画チケットをお得に購入できるサブスクサービスはこちら

ムビチケ前売り券を購入する

映画館の窓口やコンビニ、オンラインサイトなど、各所で購入できる「ムビチケ前売り券」は、通常チケットよりも数百円ほど安く購入することができます。

割引率としては各劇場の割引サービスのほうが高いこともありますが、カード型なら記念グッズとしてコレクションできるのもムビチケのメリットです。

アニメ映画を中心に特典付きの場合もあるので、作品の公式サイトで確認してからムビチケ前売り券を購入するかどうか判断することをおすすめします。

クレジットカードの優待を利用する

クレジットカードの中には、映画チケットの購入で優待を受けられるカードもあります。

主な優待付きクレジットカード

クレジットカード一般チケット代金(税込)対応劇場
イオンカード(ミニオンズ)
イオンカードセレクト(ミニオンズ)
TGC CARD
1,000円イオンシネマ
セゾンゴールドプレミアム1,000円TOHOシネマズ
ユナイテッド・シネマ
MOVIX
松竹マルチプレックスシアターズ
シネマサンシャイン
エポスカード1,300円~1,400円
※劇場によって異なります
イオンシネマ
ユナイテッド・シネマ

今回紹介したクレジットカードはごく一部ですが、一般チケットが1,000円になるカードもあり割引率はかなり高め。

特にイオン系列のカードは映画の割引に力を入れているので、該当のカードを所持している人は優待を利用してお得に映画を楽しみましょう。

特典で映画チケットをお得に購入できるおすすめサブスクサービス

ここからは、特典で映画チケットをお得に購入できるサブスクサービスを紹介します。

ピックアップしたサービスはどちらも無料トライアルを提供しているので、気になるサービスがあればぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

U-NEXT|毎月の付与ポイントを映画チケットに交換可能!

引用:https://video.unext.jp/
サービス名U-NEXT
月額料金(税込)2,189円
無料トライアル 31日間
継続特典毎月1,200ポイント付与
※トライアル時は600ポイント
※ポイントの有効期限は90日間
提携映画館TOHOシネマズ
イオンシネマ
松竹マルチプレックスシアターズ
なんばパークスシネマ/大阪ステーションシティシネマ
ユナイテッド・シネマ
109シネマズ
コロナワールド
テアトルシネマグループ
ムービーオンやまがた
フォーラムシネマネットワーク
オンラインチケット予約「KINEZO」
※全国のT・ジョイ、新宿バルト9、横浜ブルク13、広島バルト11、鹿児島ミッテ10、こうのすシネマ

国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」では、月額プラン会員の特典で受け取れるU-NEXTポイント(1,200pt/月)を利用して、お得に映画チケットを購入できます。

U-NEXTの「映画館クーポン」は1,500ポイントと交換できるので、差額分の300ポイントをチャージすれば映画チケット1枚を購入できる計算です。

映画チケットの購入例

  1. 足りない300ポイント(300円)分をチャージ
  2. 月額プランに登録して1,200ポイント(1pt=1円相当)を受け取る
  3. 専用ページにアクセスして1,500ポイントを「映画館クーポン」に交換
  4. 指定した映画館の公式サイトでクーポンを使用してチケット予約

 追加料金300円で映画チケット1枚を購入できる! 

ポイントを使って映画チケットをお得に購入できるのも嬉しいですが、劇場で見る作品の関連作品もVODでおさらいできることがU-NEXTを利用する大きなメリット

無料トライアルでも600ポイントがもらえるので、まずはお試しで登録してみてはいかがでしょうか。

auスマートパスプレミアム|TOHOシネマズなどで使える割引クーポンあり!

引用:https://www.au.com/entertainment/smartpass/
サービス名auスマートパスプレミアム
月額料金(税込)548円
無料トライアル30日間
入会特典(映画)500円クーポン
継続特典(映画)auマンデイ:月曜日1,100円
auシネマ割:毎日1,400円
au推しトク映画:対象作品がいつでも1,100円
提携映画館TOHOシネマズ
松竹マルチプレックス・シアターズ
ユナイテッド・シネマ
シネプレックス
テアトルシネマグループ
コロナシネマワールド など

映像・音楽・電子書籍の総合エンタメサービス「auスマートパスプレミアム」では、映画チケットをお得に購入できるクーポン・キャンペーンが充実しています。

KDDIが提供するサービスではありますがauの回線契約者以外でも利用することができるので、映画館で映画をよく見るという人は狙い目です。

auスマートパスプレミアムの主な映画割引クーポン・キャンペーン

クーポン・キャンペーン 内容対象劇場
新規入会500円クーポンおひとり様1回限り映画料金500円(税込)TOHOシネマズ
松竹マルチプレックスシアターズ(MOVIX/ピカデリー)
ユナイテッド・シネマ/シネプレックス
テアトルシネマグループ
コロナシネマワールド
auマンデイ毎週月曜日は映画料金が1,100円(税込)TOHOシネマズ
auシネマ割毎日映画料金が1,400円(税込)松竹マルチプレックスシアターズ(MOVIX/ピカデリー)
ユナイテッド・シネマ/シネプレックス
テアトルシネマグループ
コロナシネマワールド
au推しトク映画対象作品がいつでも1,100円(税込)作品によって異なります

特に、新規入会でもらえる500円クーポンは割引率も高く圧倒的にお得です。

映画鑑賞のためだけに利用登録するのも全然アリなので、よく映画館を利用するという人はぜひ登録を検討してみてはいかがでしょうか。

映画チケットの買い方のまとめ

今回は、映画チケットの買い方について詳しく紹介しました。

最近では映画チケットをオンラインで簡単に購入できるようになり、「ネットで映画チケットを購入している」という人も多くなっています。

昔に比べてチケット代金は高くなっていますが、前売り券や各種キャンペーンを活用することでお得に映画チケットを購入することも可能です。

ぜひこの機会に映画館に足を運んで、満足度の高いエンタメ体験を楽しんでみてはいかがでしょうか!

U-NEXTの付与ポイントは映画チケットに交換可能!

  • U-NEXTなら毎月1,200円相当のポイント付与!
  • 貯まったポイントは大手シネコンの映画チケットに交換できる!
  • 関連作品もVODで楽しめる!

 

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。
情報の安全性及び正確性を保証しているものではございません。詳細は、各サービスの公式サイトをご確認ください。
主要な各サービスのお問い合わせ先はこちらに記載しております。
本記事のお問い合わせはこちらからお願いいたします。
本記事に対する利用規約プライバシーポリシーは別途リンク先をご覧ください。
本コンテンツは株式会社ふくろうエフエムが作成および運営をしております。